あなたが憧れる結婚式の形はどれですか!?

なじみのある神前結婚式と教会結婚式

やはり結婚式というと頭に思い浮かぶのは、日本固有の挙式である神前結婚式とチャペルで行う教会結婚式ではないでしょうか。神前結婚式とは、神社や神式用の祭壇を利用して三三九度の杯を中心とした、厳かな雰囲気で行う挙式です。そして教会結婚式は、新婦が新郎のいるところまでバージンロードを歩き、神父の前で結婚を誓う形の挙式となります。どちらも一般的な挙式の形ですから、皆さん自分の結婚式か友人、親戚の結婚式で体験したことがあることでしょう。

最近良く見られるようになった人前結婚式

最近良く聞くようになった形の挙式である人前結婚式。でも参加したことのない人にとっては、もしかしたらどのような挙式なのかイメージが湧かないかもしれませんね。人前結婚式とは、神や仏に結婚を誓うのではなくて、参列している人たちに対して結婚の誓いを述べるのです。人前結婚式は、宗教に関係なく進行出来、尚且つ自由な結婚式を挙げたい場合向けのものですから、挙式自体を式場でなくてレストランや公民館などでも出来るのが特徴です。

最近は見なくなった自宅結婚式

これは一昔前の挙式と言えるでしょうね。自宅結婚式とは、文字通り式場では無くて自宅で行う結婚式のことです。最近ではほとんど見られなくなったのですが、地方の伝統を大切にする地域では現在でも自宅結婚式を行っているところもあります。会場は、新婦の家ではなくて新郎の家か仲人の家で行われます。今となっては、目にすることの出来ない挙式の形ですが、そんな今だからこそ実行してみるのも良いかもしれませんね。アットホームで素敵な式になるかもしれませんよ!

結婚式場なら代官山での結婚式場を選びましょう。おしゃれな空間の中で仲間に祝福してもらえるので楽しい式になります。