昔とは違う?!気になるイマドキの結婚式事情とは?

結婚式のスタイルも自由自在!

昔はホテルや結婚式場で結婚式や披露宴を行うのが主流だったかもしれませんが、最近では会場の種類も様々です。一軒家を貸切に出来るゲストハウスや、チャペルが併設されているレストランなども登場しており、フォーマルからアットホームな雰囲気まで自分たちのスタイルで結婚式を挙げる事が出来ます。また従来のご祝儀制ではなく、ゲストから一律の会費を頂く会費制を選ぶカップルもいるようですね。会場選びから演出まで選択肢はかなり広がっていると言えます。

仲人を立てないのが普通?!

以前であれば、結婚式と言えば仲人の存在が欠かせなかったかもしれませんが、今ではほとんどの結婚式で仲人を目にする機会がありません。そもそも仲人はお見合いのセッティングや相談など、結婚までのお世話をする役割を担っていましたが、近頃では恋愛結婚が増えてきた事もあり、その存在自体があまり必要なくなってきたと言えます。また同様に結納をせず、両家の顔合わせだけで済ませているカップルも多数派になりつつあるようで、形式的な物は徐々に省略される傾向があるのではないでしょうか。

仏滅に結婚式でもOK?!

少し前までは大安や仏滅など六曜を気にしながら、結婚式の日取りを決める人がほとんどでしたが、それよりも自分たちの記念日や誕生日などを意識して結婚式を決めるカップルも増えてきているようです。式場によっては人気の少ない仏滅は料金が安くなる事もありますし、敢えてその日を選ぶ人もいるみたいですね。このように昔と今では結婚式のスタイルも大分変ってきています。ただし両親の希望や地域性もあるかと思いますので、実際に結婚式を挙げる際は家族や周りの人の意見も参考にしながら計画を進めていった方が安心かもしれません。

長崎の結婚式場では、経験豊富なウエディングプランナーに様々な相談を行うことができ、素敵な演出の提案も受けることができます。