普段どうやって指輪を付けたいのか!指輪の付け方

あまり目立たないのが良いという場合

結婚指輪というのは、普段から左手の薬指に着けて、自分はすでに愛を誓った人がいるのだという証となるものですよね。とはいえ結婚指輪というのは、普段からずっとつけているものですから、あまり装飾に凝り過ぎてて付けづらいなんてことを避けたいと考える人もいるんですね。普段使いをしたいという人には、繊細タイプや極細のタイプのものもあり、石が目立たないように施されているデザインのものなんかも人気だったりしますよ。

目立たせたいという場合

いっぽう、結婚指輪であっても目立たせたいという場合もありますよね。結婚指輪は日常的にはめておくものですが、それでもやはり結婚の証しとしていつもきちんと美しい指輪をはめていたいと考える人もたくさんいます。そういう場合は、立爪タイプのもので光りを集めることができる石のタイプもありますし、メレやパヴェなどの石の輝きがとりわけ目立つタイプの結婚指輪にしてみてもいいのではないでしょうか。いつも煌びやかな指輪を眺めて、結婚生活を実感したいですよね。

セットリングで使い分け

最近では、セットリングで日常と特別を使い分けるというタイプの結婚指輪もあったりします。日常的にはめておく結婚指輪はそれほど仰々しい作りをしたものではなく、日常使いに適したシンプルなものを付けておいた、パーティーや公の場に出る時には豪華な石のついた輝かしい指輪をセットではめる、なんていうセットリングの結婚指輪もあったりするんですね。日常と特別と、いろいろなシーンで使い分けることができるというところがセットリングの良いところですね。

婚約指輪は一生に一度の大切なプロポーズに用いられる指輪であるため、選ぶときは慎重に選ぶことが大切です。