手作りのインテリアは楽しい!ハワイアンキルト

初心者は小物からトライしよう

インテリアにハワイアンキルトを取り入れたいとき、初心者ならまず小物からトライしてみましょう。ハワイアン系のショップで購入してもいいですが、しっくり来るものがなければ手作りするのもいいでしょう。この場合も、あまり大きいものだと完成する前に挫折してしまいかねませんので、小さいものから取りかかるといいです。たとえばクッションなどは、ソファに置いておくと実用性も高く、インテリアとしても印象強い小物になってくれます。

慣れてきたら大物に挑戦

慣れてきて、大きなものにチャレンジしたくなったらベッドカバーをキルトにしてみるとぐっとハワイアンテイストの寝室になります。一般的な量販店で購入するベッドカバーと比べ、オリジナリティが高くて他にない雰囲気になります。手作りなら好みの色やモチーフで作れるのも嬉しいです。家族のために少しずつ手作りで仕上げるキルトは、ハワイのゆったりした風土を象徴するもので、今流行のスローライフというものにも通じています。

モチーフによって意味も様々

キルトのモチーフにはそれぞれ意味があるので、家族によってモチーフを変えてあげるのもいいでしょう。たとえばラブラブな恋人同士だったら、新しい恋や親愛の情を示すハイビスカスやプルメリアなどもおすすめです。男の子の出産祝いにはパンというモチーフが使われますが、これは繁栄や成長を意味します。ウミガメは海の守り神で、海に関わる仕事をしている人のお守りとして使われます。家族に合ったそれぞれのモチーフを用意してあげたいものですね。

ハワイアンキルトを取り扱っている専門の通販サイトでは色々なタイプのデザインやカラーのものが豊富に販売されています。